熱帯魚(ベタ)を飼ってみた 7

ベタちゃんを飼い始めてから4か月ほど経ちました。

画像


相変わらず元気です。

画像

リーフに寄りかかってお昼寝中


猫も相変わらず元気。
画像


こちらもお昼寝中

画像




先日、ベタちゃんにエサをやろうとした時、思い切り水槽のふちに手が当たってしまい、水槽が大揺れしてしまったのですが、それに驚いたらしく、おびえた様子で奥のほうに引っ込んで隠れてしまいました。
いつも寄ってきてヒラヒラ踊るようにエサくれアピールするのに、全然近付いてくれません。
何とかエサだけ食べましたが、食べ終わるとまた奥へ…。

画像


嫌われたかも…と思いながら、仕事に行って夕方帰ってみると…、
機嫌が直ったらしく、いつもどおり近付いて来てくれたのでホッとしました


熱帯魚(ベタ)飼ってみた 5   飛び跳ね事故?

ベタちゃんは今日も元気に…とはいかない事が起こりました。

先日、朝、仕事に行く支度をしながらふと水槽を見ると、ベタちゃんがいない!
葉っぱの後ろのも、ヒーター裏の隙間にもいません。フタもしてあるのに、どこへ行った!?
と焦った瞬間、ふと思い当たることが…。

家の水槽(楽AQUA)は足し水をすると本体の後ろに古い水が流れ込む仕組みになって、
排水用のケースが付いているのですが、
水が流れる為の排水口というか、溝のような窪みが水槽の上部にあります。
本来はカバーするような部品があるのですが、それをつけると底の部分がグラスサンドで目詰まりするのではずしてあったんです。
画像


まさかと思って排水用のケースを覗いて見ると、
ケースの底に二つ折りみたいな恰好でぐったりしていました。(ケースに水は入っていませんでした)
もうダメかもと心臓が凍りつく思いでしたが、とにかく水槽の中に戻すと…、

泳ぎだしました。

幸い転落してから時間が経ってなかったのだと思います。

でもまだ安心できません。
落ちた時に体をぶつけてケガでもしているかも。
心配でしたが、仕事を休むわけにもいかず、お留守番させている間は気が気じゃありませんでしたが、
夕方帰った時にもなんとか普通に泳いでいました。

画像

矢印の部分に落ちてました。(写真は現在のもの)
画像


排水溝の幅は狭いし、水位も下げ気味にしていたので大丈夫だろうと思っていたのが甘かったと反省しました。
あんな隙間にどうやって飛び込んだんだとも思いますが、やはりこちらの不注意です。
カバーする部品(オーバーフローパイプ)はすぐに取り付けました。

転落事故から数日経ちましたが、元気に泳いでますしエサも食べるのでケガもしていないようで一安心です。

熱帯魚(ベタ)を飼ってみた4

ベタちゃんを飼い始めて一か月ほど経ちました。

今日も元気に泳いでいます。

10月になって、そろそろ朝晩が寒くなってきたので、ヒーターを取り付けました。

画像


うちの子は胴体は紺色というか、結構濃い青なので、黒いヒーターの前にいると同化して目立たなくなります。

画像


でもここ2、3日は台風の影響なのかなんなのか、暑くてヒーター必要無い。それどころか冷房入れたいぐらい魚も人間も温度管理が大変です。

熱帯魚(ベタ)を飼ってみた 3

ベタちゃんは今日も元気に泳いでいます。

画像


週に一度、3分の1程度の水替えをしてます。
スポイトで落ちてるゴミやフンごっそりを吸い取って(一応フンは毎日取ってるけど取りきれてないのが意外とある…)、カルキ抜きした700mlほどの水を少しずつ入れていきます。
家の水槽は後ろの排水用のケースに、あふれた水が流れる仕組みなのでそれを捨てて終わりです。
画像


この時水面にある泡も結構流れちゃいます。
この泡ベタちゃんが自分んで作っているのだとか。
卵を育てる巣みたいなものだそうで、元気な子はたいてい作るそうなのですが、
最初見たときは、水槽から変なガスが出ているのかと仰天しました。
画像

(せっかく作ったのにごめんね)



お掃除済んでスッキリ(?)
画像




余談ですがサギソウもまだ咲いています。
画像